スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TCG初心者向け説明書

えぇ~盛大な拍手をいただいたので、簡単に説明いたします。
※ここに記載されてる名称は、私が1人で呼んでいるだけなので、正式名称ではありません!尚、間違い等ありましたらご指摘お願いいたします。

では、まず初めの1歩としてカードの簡単な解説です。

【カード説明】
カード説明
①攻撃力
②防御力
③追加攻撃力
④ヘルス
⑤召喚消費数値
(このカードには記載されていませんが、他のカードのほとんどには記載されています。)
⑥召喚効果
(召喚後に起こる効果が記載されています。英文なので・・・詳しくは、色々試して実感してください。w)

続いて、俺仕様のデッキを組みましょう。

【デッキ説明】
デッキ
コレクションの隣、デッキボタンを押してください。

デッキ設定
①各種類のカードを何個選択しているかここで分かります。
②使える状態なら、緑色のチェックマークが、使えない状態なら、赤色のバッテンマークが入っています。
③このボタン使えます。カードの種類を絞って表示する機能です。

【カード検索機能】
デッキ設定2
①「Archetype」で、所属が絞れます。

デッキ設定3
②「Card Type」で、更に細かく各カードが絞れます。

※複数選択可能です。1つに絞りたいときは、他のチェックを外しましょう。

【各カード説明】※結構適当です。w
デッキ設定4
①大将カード(Avatar)
→通常、デッキ購入していなければ初期配布時に選んだ所属カードがここに表示されます。このキャラは、初期時反乱を選んだので、このカード1枚のみ表示されます。
※ここは、1枚固定です!

デッキ設定5
②クエストカード(Quests)
→クエストエリア変更時起こるイベントが書かれています。結構重要かもね。各カードの紫色のキューブの横に数字が記載されています。
これはクエストレベルです。3だけないのが謎ですが、ここの固定は2・4・5・6の4枚を選んでください。
※クエストエリア等後ほど説明します。

デッキ設定6
③他実用カード(Draw Deck)
→ここからがカード選びの本番です。とりあえず、①②固定を除いて50枚設定できます。その内訳は下記の赤い枠の中になります。

デッキ設定7
④Abilitiesカード
→クエスト変更数値+イベントカードとでも覚えてください。クエストエリアを変更するポイントと、防御力プラスやその他各カードにより召喚後イベント的なことが発動します。発動イベントは、主に戦闘エリアへの支援が多いです。

デッキ設定8
⑤Tacticsカード
→イベントカードとでも覚えてください。このカードを召喚することにより、ヘルス回復や攻撃回避など各カードによりその効果は違います。(各カードの英文説明参照・・・w)

デッキ設定9
⑥Itemsカード
→こちらも上記⑤と同じような効果で召喚することにより、さまざまな効果が受けられます。⑤との違いは、召喚後はカード消費ポイントに関係なくイベントを起こすことが可能です。
※⑤は、1回使い切りタイプです。カード消費ポイントを使って効果を得られます。

デッキ設定10
⑦Unitsカード
→肝ですね。戦闘カードとでも覚えてください。このカードを使って戦闘を行います。各能力を見極めて選択してください。召喚するだけで、他のカードにも効果を与えるカードもあります。例えば、攻撃力UPなどです。

★カード選びのコツとしては、まずは好きなカードをとりあえず選択しましょう!そこから消去法で規定枚数に収めるのがいいでしょう。

デッキ保存
⑧俺仕様が完成したら保存しましょう。「Save Deck」を押してください。

デッキ保存2
⑨デッキ名を入力してください。
⑩「Save」ボタンを押して、俺仕様デッキの完成です!

さて、実戦の説明です。早速イベントへGo!

【開戦準備】
ゲーム
①「Tutorials」を選択。

ゲーム2
②「Scenarios」を選択。
③「Select」を選択。

ゲーム3
④俺仕様を選ぶため「Select Deck」を選択。

ゲーム4
⑤先程保存した俺仕様を選択。
⑥「Open」を選択。

ゲーム5
⑦イベントは一番下です。そこを選択。
⑧「Begin」さぁ開戦!

【実戦教本】
BF説明
まずは、各箇所の説明から。
①バトルフィールド
→戦闘カードを召喚する場所です。
②クエストエリア
→クエストポイントが貯まると、各クエストカードが適応されます。
③アイテムエリア
→アイテムカードを召喚する場所です。
④アビリティエリア
→アビリティカードを召喚する場所です。
⑤大将表示
→先程選んだ大将カードがここに表示されます。左端の青と赤のゲージは、青=カード召喚消費ポイント、赤=ヘルスです。
⑥手持ちカード
→ここから選択して、カードをフィールドに召喚します。
⑦攻撃ボタン
→攻撃可能時、赤色になります。
⑧クエスト変更蓄積ポイント
→クエスト変換ポイントを消費するとここに小さな丸で表示されます。(3ポイント消費した場合は、3つ小さな丸が表示されます。)

BF説明1
⑨実際に攻撃系カードが召喚されると図のようになります。攻撃可能となっているので、攻撃すると図の配置の場合、敵の戦闘カードが召喚されていないため、敵対象への直接攻撃となります。

BF説明2
⑩水色のLSを選択すると攻撃態勢完了です。
⑪とりあえず、追加攻撃もお勉強するため2枚目は選択せず「PASS」を選択。
⑫この時、自分の攻撃力「4」相手は「0」なので安全に攻撃できます。

※自分のカードも既にアクション済みの場合は、攻撃&防御何もできません。攻撃を受けるのみです!耐えろ!

BF説明3
⑬さぁ、追加攻撃です。追加攻撃マークが付いたカード限定ですが、1枚目のカードで1度「PASS」しているので、追加攻撃が可能な状態となっています。追加攻撃が可能となった場合、追加攻撃数値が「1」なら、1枚目の攻撃と合わせて「2」相手に攻撃を与えられます!
(追加攻撃数値が「2」なら、「3」相手に攻撃を与えられます。)

豆知識:敵が防御を選んだ場合、図で説明すると相手の防御力が「4」だと五分五分で自分も「1」攻撃を受けます。全く攻撃を受けなくするには、相手の防御力を上回ることです。
そうなると、2枚目の攻撃は追加攻撃ではなく通常攻撃に変更してください。すると、図のカードですと1枚目「3」、2枚目「4」で合計「7」の攻撃力となるので相手を上回ります。(こちらは攻撃を受けません。)

BF説明4
※先程も説明しましたが、アクション済みの状態では攻撃を受けるのみとなります。複数枚消化している場合は、何もしないカードがあってもいいでしょう。防御専用のカードとかね。
⑭自分の召喚&攻撃が終了したら「DONE」を押して、相手の攻撃となります。

BF説明5
※敵大将の攻撃です。こちらアクション済みなので、攻撃を受けるのみ、相手が追加攻撃を選択してきたので、こちらは「2」ダメージ受けます。この場合は、2枚残したいので均等にダメージを振り分けましょう。

BF説明6
※先程説明した何もしないカードを1枚置いています。このとき、攻撃を受けても真ん中のカードで防御することが可能です。しつこいですが、複数枚召喚している場合は、最適な攻撃方法を選んでください。防御が高ければ、防御用に残しておく、攻撃力が高ければ初期攻撃用、追加攻撃が高ければ追加攻撃用など。w

BF説明7
※敵側での説明で申し訳ないですが、アビリティカードを設置して召喚できた場合、クエストエリアにポイントが付与されます。小さい丸が付きます。右のカード、召喚すると同時に大将のヘルスを回復します・・・。w
あぁ、重要なこと言い忘れました。アビリティカードの防御やその他効果を手動で行った場合、次のターンでは、クエストエリアへの適応は行えないので、クエスト命の場合は、防御等他の効果はこのアビリティカードには望まない方がいいでしょう。

さぁ~長くなりましたが、参考?にしていただき回数重ねて試してください!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

jrosxa

Author:jrosxa
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。